先生によるボディ125分は、実は体質改善120分より450円安いんです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!月瀬由梨です( ´∀`)

 

今日はまいこ先生について。

 

最近はスタッフも11名(4月入社の方も合わせて)ということで、

細かい仕事が色々あるので、気づけば、まいこさんに会ったのが約1ヶ月前でした。

 

予約も空いていたので、久しぶりに新技術のチェックに行きました。

 

まずは月瀬式のスタッフのルールについて。

(A)スタッフ階級制度

ご存知の通り、月瀬式サロンのスタッフには階級があります。

 

(1)アシスタント

(2)セラピスト

(3)エステティシャン

(4)中級エステティシャン

(5)上級エステティシャン

(6)先生

 

という順番で、先生がもっとも人気も実力もあるスタッフなのです。

 

(B)月瀬式サロンには指名料がありません。

 

私の中で、指名料というお客様にはあまりプラスがないものに

お金を払っていただくのではなく、

上手なスタッフが難しいコースを限定して担当することで、

よりお客様にも効果を感じていただきたいと考えています。

 

経験と様々な知識を使ってオーダーメイドで行う先生コースは最も難し位ですが、

逆にお客様にとっては、内容が決められたコースとは違い、お客様に最大の効果を出すことができます。

 

(C)施術に使う体力

実はショートコースって1日4名施術するので、

体力がすごい疲れるんです。

 

そして、階級が上がるほど、ショートコースは担当せず、

最大で1日3件のロングコースになります。

 

施術の経験のない方からすると、

『120分って2時間もマッサージをするなんてありえない!』

『まだ90分とか短い方が楽じゃない?』と思いますよね。

 

でも施術って2時間やっても全然疲れないんです。

 

疲れるのはお体に合わせた技術をその場で作り替えなくてはいけない時とか

固すぎる背中のお客様に急に対応するときとか

(指が折れそうになるので、肘を使ったりして対処します)

アドバイスをご理解いただくために頭を使う時なんです。

 

体力は使いますが、ベッドの周りをぐるぐる回りながら、

 

体重は基本的にお客様にかけているので立ちっぱなしより疲れないですし、

 

腰痛などを起こさない体制から月瀬式では教えていますし、

 

事務などの座り仕事より動き回るのでむくみも起きにくいんです。

 

それでも、私たち技術者は毎回が、試験や発表会のように、結果を出し続けるのが仕事。

 

特にオールハンドなので、職人としての熟練度が必要です。

年々、体は老いて行きますから、技で体力をカバーしながら続けていく、仕事である難しさはあります。

 

(D)先生の階級の難しさ

 

先生という階級は

・先生によるボディ125分

・先生によるボディ150分

・美肌ボディ形成コース

の3種類のみ募集して、1日最大3名様で受け付けます。

 

この3種類が全てオーダーメイドなのですが、

注目して欲しいのは『美肌ボディ形成コース』

 

これは上級エステティシャンも行いますが、

実は価格が同じです。

 

上級エステティシャンでは、小顔フェイシャルやスキンケアという

とても難しい技術や知識を必要とするフェイシャルに集中するため、フェイシャルの工程とボディの工程を分けています。

 

しかし、先生になると、

フェイシャルとボディを同時に進めます。

 

結果

上級エステティシャン・・・

フェイシャル50-60分(肌の状態によりケアが違うため)、

お手洗いなど間に挟む

ボディ90分を別に行う。

 

先生・・・

・フェイシャル中もボディパックでどんどん効果を出す

・顔のパックなどの放置時間にボディの施術をする

・合計160分

同額でなので、先生に『美肌ボディ形成』を受けた方がお得なのです。

 

まいこ先生の技術の凄さ

 

先日、まいこ先生の技術を久しぶりに受けました。

私が作った技術ですが、全て同じに教えているのですが、

やはり人間が行いますので、スタッフによって個性が出てしまうのです。

 

そこで今日は、まいこ先生の技術がどうすごいのかお話したいと思います。

 

男性並みの手の大きさ

 

私のお店には現在11名のスタッフがいますが、

最も手が大きいのが月瀬由梨の私。

 

そしてほぼ同じぐらいで手のひらだけさらに横に大きいのが『まいこ先生』です。

 

女性としては手が大きいのって恥ずかしい部分もありますよね。

昔、男性と手をつなぐとき、『あれ?なんか男並みに大きくない?』と軽く言われたのを

私はずっと引きずってました。

 

だって、女の子の方が華奢である方がなんかバランスが良いですよね。

 

でも、小さい頃からピアノやバイオリンや剣道と、

手を使った習い事をしていたせいか、

そもそも骨格が圧倒的に大きいためか、

手と足だけが本当に大きかったのです。

 

恥ずかしいなって思ってたら、エステティシャンのボディ施術にはとても向いていました。

 

そして、その私より手のひらが大きいのが『まいこ先生』なんです。

 

ですから、まいこ先生の技術は一言でいうと『ダイナミック』に感じます。

 

教えた技術を1回で覚えてしまう天才マニュアル頭脳

 

これはね、もう他の人にはなかなかできない才能です。

まいこ先生は元々、私のお客様。

そしてスクールを1年通って、私のスタッフ第一号となってくれました。

 

過去にもスタッフや生徒さんを教えて来たのですが、

一人だけ才能がズバ抜けていました。

 

教えてすぐに理解し、それを実行できる能力が圧倒的に高いのです。

 

今のお店のスタッフが技術ができるのは私としては『まいこ先生』のおかげだと思っています。

 

私、自分でいうのも恥ずかしいですが、技術は上手です。

でも、教えるのがすごく苦手。

 

私は生まれつき体が悪いので、小学生には肩こりや足のむくみがありました。

だから、どこを、どのように触って欲しいかわかっていました。

 

だから最初から技術ができました。

技術講習はいくつか行きましたが、私はどこのエステ店にも勤めたこともないので、

ほぼオリジナルなのです。

 

ですから、技術がわからない理由が、私には意味がわからない。

 

肩こりなんて肩のココしか指入らない!と思うのですが、

新人さんに教えると、ココですか?それともココ?あれ?ココかな?と色々出てくる。

でも私には押すべき筋肉はこれしかないとわかります。

 

でも、まいこさんはそれが初めて正確に覚えてくれた人。

おかげですぐ下のまゆさんが新人で入った時は、まいこさんが全て指導して育ててくれました。

 

今はもちろん、まゆさんの指導もしますが、入社してほとんどは私も現場にいたので

自分の予約をこなすので精一杯で、まいこさんもまゆさんの指導もほとんどできなかったのです。

 

今は、技術は先生たちが時間を見つけては指導してくれるので

新人さんに正確に伝わるのでとても良い環境にすることができました。

 

コリの正確性

もうね、これは誰もまだ超えられないレベルの上手さです。

 

私の技術ってリンパを中心に理論を作っていますが、

色々研究して、リンパを流すのはその前にコリを正確に緩められるかどうかにかかっています。

 

しかし、リンパはもちろん難しいですが、

コリはもう本当に難しい。

 

来店時にむくみなく、コリが出て入ればまだ早いですが、

コリがあることで、むくみが起こりやすくなり、

表面がむくみの層で覆われて、触りたいコリが出ていないお客様がほとんど。

 

これは発汗しても、よりむくみが強くなったり、

施術後にさらにむくむこともあるので、

私の技術では発汗はせず、リンパを開けて先にむくみをどかしたり、

少しならむくみの層を避けて下のコリに一気に触ってしまいます。

 

ただ、これが本当に難しい。

人によって肌の厚み、骨や筋肉などの組織の位置、むくみの厚さ、老廃物の量、そして筋肉の張り方が日によって違いますので、

どの階級の技術者でもその場で判断して、

自分の経験からそれを炎症を起こさず緩めて行きます。

 

それが天才的にできるのがまいこ先生。

 

ですから、ずっと通っているのになかなか結果が出ない方は、

ほとんどが背中と腰とふくらはぎのコリが原因なので、

迷わず『まいこ先生』のロングコースを受けてください。

 

まいこ先生のキャラクター

上に少し出て来たマニュアルタイプ。

 

ちなみにこのタイプは私が勝手に名付けた、私独自の種類です。

 

これに沿って面談から教育をしていくことで、より最短で良い技術者になることを研究して作った種類です。

 

マニュアルタイプとは、同じ基礎を正確に繰り返すことができ、ルールを守ることができるのでリーダーにも向いています。

 

デメリットを出すとしたら、

面白みがなく感じられるお客様がいるかもしれません。

どういうことかというと、ルールに沿って動くので、いつもわかりやすい範囲の技術やルールだったりするからです。

 

でもこれは逆にメリットでもあります。

毎回安定した結果を出してくれ、ルールもいつも同じなので、安心して任せられますよね。

まいこさんはそういう、マニュアル型の施術をするので、安定して技術が伸びて行きます。

ちなみにお店でこのタイプは、他にはあんな店長が当てはまります。

他のスタッフは?と思うと思いますが、今後別の機会にお知らせします!

 

まいこ先生が一番先に『先生』になったのには明確な理由があります。

『先生』の階級は、そもそも、まいこさんのレベルが圧倒的にすごいことから作りました。

 

一年下のまゆさんも、トータル7年目の経歴を持つ、あかねさんもあんな店長もすごいんです。

 

でもその上をズバ抜けていく、まいこさんが他のスタッフと同等料金では、いけないと思いました。

 

いつもお伝えしていますが、私は技術者はレベルが高いほど、

もらえるお給料が高ければいけないと私は思っています。

 

ボランティアではありませんし、

最初の数年の給与なんてとても低いからです。

 

(最低限は払っていますが、お金をもらいながら勉強する立場なので、すごく最初は低いんです)

 

そこで踏ん張って、

 

技術者として自信とプライドを持てる最大の努力を続け、

接客業として理不尽な要求でも頭を下げながら、

一番良い動きを考え、周囲に迷惑がかからないように動き、

女性としてもお客様に尊敬されるような行動をとり続けることを

365日続けて、

今があるのです。

 

 

私自身もそうでしたし、

お店のスタッフはそういう日々を過ごしています。

 

 

プライベートは一見、別にも思えるかもしれないですが、

私の結婚相手がもしギャンブラーだったら、

もし、DVをするような男性だったら、

私のことを皆さんは信頼できますか?

 

できなくはないけれど、ちょっとズレてるのかな?大丈夫かな?って思いますよね?

 

だから、私はエステティシャンとして、

最低限、常識的な人間で女性らしくいられるように努力を続けてきました。

 

それでも変わっているとは言われますが、

とてもルールを守って生きようとしています。

 

このように、まいこさんも、私の厳しいルールのもと、

一度も弱音を吐かず、今の技術力まで努力し続けてくれました。

 

 

その姿をみんなが見てきたからこそ、

下のスタッフたちも誰も文句も言わず、

レベルの高いエステティシャンを目指してくれているのです。

 

 

だからこそ、先生レベルには、給与を高く出したい。

 

だから、私は、階級制度を作っています。

 

先生によるボディ125分は、実は体質改善120分より450円安いんです

 

『先生は高くなるんでしょ?』

とよく言われます。

高くはなります。

 

ただ、常連さんはご存知の通り、

まいこさんを指名する方はほとんど、

120分にブルーパックやゴールドジェルのオプションをつけます。

 

そうすると、『体質改善回数券1枚+2800円+2800円+650円』という料金なのです。

 

だからオプションをつけている人にしたら、

『体質改善回数券1枚+6250円』かかるのに、

 

先生125分は5分のびて、『体質改善回数券1枚+5800円』

5分のびて、450円安いんです。

 

だから、実質高くなるといいますか、オプションをつけてきたお客様には、同じことするのに安い。

 

まいこ先生も、毎回『今日はオプションどうしますか?』と聞かなくて良い。

毎回つけてあげられます。

 

こういう違いです。

 

美肌も上に書きましたが、同額なのに、先生の方が休みなく動き続けます。

いろいろ値段が上がる理由を書いてきましたが、

あまり高くならないのがわかりましたでしょうか?

 

ただ、より効果が出るコースにしたということです。

 

オプションをつけてこなかった方も『つけるとこんなに早く変わるんだ』と気づけますので、

これを読んで、

『なんだ!特なのは、お客様なのか!』

と気づいてもらえたら、

 

ぜひ9月より始まる

『まいこ先生』を指名して受けてください。

 

まいこ先生は基本的に『中目黒シャルモント』で日~木で勤務しています。

 

ご予約は早めに。

9月は先生になるということで、みなさま、内容を理解できないからと、珍しく予約が空いています。

 

ただ、これは1ヶ月前の現在でいつもよりはまだ空いているということです。

 

おそらくこのブログを見て、
『なんだ!』と思った常連様でまた埋まると思います。

 

現に、8月のシャルモントの予約は現在一件も空いていない人気ぶりです。

 

ですから、ぜひお早めにご予約ください。

今日はここまでです!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す