私たちは営業マンではなく美の職人です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

こんにちは!!月瀬由梨です^ ^

 

今日はエステティシャンという仕事がどういうものなのかについてお話をしたいと思います。

 

多くのエステにいるのは営業マン

 

私のサロンは小さいお店で、同業者の方も多く通われています。

 

オールハンドで技術もオリジナルですから、他店のサロンを経営していても受けに来てくれるのですが、

 

お仕事のお話でよく聞くのが、

 

「ローンを組ませたりしなくてはいけないのが苦痛だ」というお話。

 

エステティシャンって本来であれば、技術を提供することでお金をもらえるはずですよね?

 

でも実際どこのお店も

「コースを買ってもらうことがノルマです」

「化粧品を買わせることがノルマです」

 

と平気で言います。

 

「いや、スタッフは技術で結果を出すのが仕事で、

コースを売るために存在しているわけではないはずですけど・・・」

 

と私は思うんです。

 

 

ですから私のお店には目標の売上額は設定していますが、

自分でその数字を作るためにすることは、

物販でも回数券を売りつけることでもありません。

 

お客様は自然に回数券を購入しますので、スタッフが営業する必要がありません

私のお店は回数券を売っても評価されません。

 

だって、ほぼ全員のお客様が自然に購入するものだから。

 

どうしてそうなっているかというと

 

初回体験の募集広告や会員様のご紹介ですでに通いたいと思って来店

⬇︎

雰囲気や技術が気に入れば自然に次回の通い方を聞いてくださる

⬇︎

通いたいと言ってくださるので少しでもお得になる方法をご紹介

⬇︎

自然に回数券が売れる

⬇︎

連続購入してもしなくてもスタッフが押し売りすることはないので

お客様の予算に合わせてまた購入してくれる

 

という流れです。

 

しかも私の常連様は私がすでに施術を引退しても通ってくれている方が多く、

最長12年のお付き合いです。

 

そして、お店のお客様の9割以上が常連様で、

短い方でも2年から3年、

ほとんどが4年から7年のお付き合いですので、自然にリピートしてくれます。

 

よってスタッフが営業を頑張る場所が一つもないのです。

 

スタッフが頑張るのは職人としておもてなしすること

 

ではどうやって目標を達成するのか。

 

やることは3つだけ。

 

1. 技術を毎日磨く

 

私の技術はオールハンドです。

マシーンを使わないこだわりではなく、

今のところオールハンドの方が結果が出るので、使っていないだけです。

 

こうすると自然に施術をするたびに経験値がつき、

自然に毎日技術が磨かれます。

 

手の受け取る情報量ってすごいんですよ。

 

しかも、常連様になる程、 何度も触ることができるので、

どんどん変化させるための良い方法が見つかりやすくなります。

 

なので、これは出勤して毎日全力で技術を提供すれば自然に達成できることですね。

 

2. 心からおもてなしをする

 

私のお店は美しくなるためのお店ですので「エステ」という業種で営業しています。

 

しかし、多くのサロンがしているような

・叱ることで奮い立たせる

・上から目線でたくさんダメな部分を指摘する

・制限を次々かける

みたいなことは一切しません。

 

私の考えるおもてなしは、

「お客様自身のありのままを受け止める」ということ。

 

どんなにお酒を飲まない方が良いとしても、飲みたい方には尊重します。

 

お仕事の付き合いで飲む場合もありますし、

依存的にお酒を飲まないと眠れない方もいます。

 

そういう場合は飲むものをビールから常温の赤ワインに変えてもらったり、

お酒の量を減らしても眠れる方法を別にアドバイスします。

 

これも1回、2回ではなく、その方の体にとって良い方法が見つかるまで永遠に探します。

 

だからと言って、お会いするたびに指摘するのではなく、

「数回前に赤ワインに変えるのはどうですか?とお伝えしましたがその後どうですか?」

という形でヒアリングして、少しでも変える機会ができていれば一緒に喜びますし、

できていなくても、「違う方法なのですが・・・」と提案してみるのです。

 

そして不思議なのですが、

施術を受けて通われていくと、ほとんどのお客様が

「なんかお酒飲まなくても良いなって思ってきたんだよね」と付き合い程度しか飲まなくなるのです。

 

もちろんこれにも仕組みはあって、そうなるように導くのですが、

何よりも心を込めてお客様のお身体を思ってお伝えしていくので、

いつか本気で心配している愛情からのアドバイスだと気づいてくださるのです。

 

3. 女性として、人間として信頼される人になる

 

私のお店のスタッフは平均年齢26歳。

 

お客様は30代から60代のお客様ばかりです。

 

そんな子供でもおかしくない人間にお金を渡して、大事なお身体を預ける場所が私のお店です。

 

私たちがどんなに一生懸命生きてきたって、年上のお客様の経験には及ばないです。

 

その上、お仕事でも経営者様や管理職など、私たちの数倍の収入があるような方達も多いですので、

知識や思考でさえ追いつかないです。

 

それでも当店が3ヶ月予約が取れないサロンでいられるのは、

「お客様に心から信頼してもらえる人になろう」とみんなで心がけているから。

 

どんなに美容知識が豊富なお客様がいても、

私の技術を毎日、何年も続けて結果を出してきている私たちにはお客様は勝てません。

 

逆にいうと、そこしかお客様に提供できるところはないんです。

 

ですから、毎日真剣に向き合うこと。

 

そして悪口を絶対に言わず、お客様の批判やジャッジもしない。

 

どうしたらお店のルールも守りつつ、通ってくださる全てのお客様を満足させることができるのかを考える。

 

そして同じ女性として、傷つくような人が出ることは極力避ける。

 

例えば、不倫や略奪愛はしないとかですね。

 

好きになってしまった人が既婚者であったりすることも私にも過去にはありましたが、

知ったらやめなくてはいけません。

法律で裁かれるようなことをすることは、結果周りも自分も傷つくからです。

 

こんな、施術をとは一見関係のないことかもしれませんが、

若く人間的に未熟な私たちがお客様に心から信頼されるためには必要なことだと思っています。

 

今は「話し方も上手にできないし、動作も女性らしくなくて恥ずかしい」と思う方でも安心してください。

 

私が一つ一つ教えますし、私もまだまだですから一緒に成長していきたいと思います。

 

しかも決して縛り付けたりしません。

 

スタッフ一人一人の個性が輝くように教えます。

 

就職すれば自然に目標は達成でき、給料も自然に上がる仕事

 

職人ですから、技術を取得し、結果に満足してもらえるまでに時間もかかりますし、

細かい指導は入ります。

 

しかし、日々スタッフ一人一人に私が真剣に向き合いますから、

自然に変身していき、自然体でいるだけなのにお客様に人気が出るようになります。

 

その結果目標もどんどん達成しますので、

結果としてお金も付いてくるのです。

 

もちろんお金も大事ですが、

私はお金よりも「心から幸せ」とスタッフが思えるような人生を送ってもらうことが大事だと思いますので、

私のお店で働くと、きっとそう思いながら過ごせると思います。

 

 

ぜひ一緒に素敵な日々を送りましょう!

 

今日はここまでです^ ^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す